ヴィジョンズキャットフードの口コミ・評判って本当?

VISIONSオリジナルキャットフード
「食べること=生きること」という考え方の下、猫の目線で日々の食事を考えている、ヴィジョンズキャットフードをご存知でしょうか。
口コミや成分などをご紹介します。 

 

ヴィジョンズキャットフードってどんな商品?

ヴィジョンズキャットフードは、人間の都合ばかりで作られた質の悪いキャットフードに良しとせず、猫たちのことを考えたキャットフード作りを目指して製造を行っています。
そこで、ヴィジョンズキャットフードがどんな商品なのか、その特徴をご紹介します。

 

魚を主とした原材料

VISIONSオリジナルキャットフード
まずは、ヴィジョンズキャットフードの原材料をご覧下さい。

 

フィッシュミール(国内近海鯵)、小麦粉(北海道産)、コーンフラワー、コーングルテンミール、植物油、ビール酵母、トマトリコピン、オメガ3、オメガ6、紅麹、タウリン、緑茶(カテキン)、DHA、EPA、コンドロイチン、フラクトオリゴ糖、乾燥全卵粉、ビタミンA、D、E、K、B群、ナイアシン、パントテン酸、コリン、葉酸、ビオチン

 

※VISIONS オリジナル キャットフード メンテナンスタイプ(仔猫〜成猫用)を参考にしています。

 

DHAやEPAが豊富に含まれている魚を主原料をとしているため、元気で健康な体を作るために必要な良質なたんぱく質を摂取することができ、皮膚や被毛を美しく保つために必要なオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が配合 されています。

 

また、同じ原材料でタンパク質と脂質を抑えたライトタイプもあり、太り気味の子や代謝が落ちた高齢猫に与えることもできます。

 

また、以下では、食材を詳しく評価します。

 

皮膚や被毛の調子を整えるオメガ3とオメガ6

主原料として使用している国内近海鯵にはオメガ3やオメガ6が含まれており、毛並みを美しくする効果が期待されていますが、ヴィジョンズキャットフードではオメガ3とオメガ6を別途、添加することで、より強い効果を発揮することができます。

 

関節の調子を整えるコンドロイチン

猫は年齢を重ねると、骨と骨の間でクッションの役割をする軟骨がすり減って膝に痛みを抱えてしまうため、高齢猫は食材やサプリメントからコンドロイチンを摂取し、今ある軟骨を維持しなくてはなりません。
しかし、ヴィジョンズキャットフードにはコンドロイチンが添加されているため、高齢猫の身体の悩みにも安心して対応することができます。

 

腸の調子を整えるフラクトオリゴ糖

猫の先祖は砂漠で生活をしていたため、ペットとして飼育されている現在でも水を飲む習慣があまりなく、便秘になる子が多いです。
この便秘を解決するためには、フラクトオリゴ糖などを摂取して腸内環境を整えてあげる必要があり、ヴィジョンズキャットフードには、そのフラクトオリゴ糖が使用されています。

 

危険視されることもあるフィッシュミール

フィッシュミールとは魚粉のことで、生魚を煮熟(【読み】シャジュク)、圧搾、乾燥をし、粉末としたもののことで、肥料や飼料として使用されていますが、極端に低価格のフードの場合、腐った魚や廃棄処分となった魚を使用している場合があるため、注意が必要です。

 

アレルギーを引き起こしやすい小麦粉やコーングルテンミール
猫は肉食動物のため、小麦やトウモロコシといった穀物の消化吸収が苦手なため、小麦粉(北海道産)やコーンフラワー、コーングルテンミールが使用されている点は、好感が持てません。
ペット先進国と呼ばれるヨーロッパでは、グレインフリー(穀物不使用)が当たり前に販売されており、そうでないキャットフードは需要がないのが現実です。

 

総合栄養食として十分な成分が配合

まずは、ヴィジョンズキャットフードの成分をご覧下さい。

 

粗タンパク質 30.0%以上、粗脂肪 11.0%以上、粗灰分 7.0%以下、粗繊維 4.0%以下、水分 10.0%以下、マグネシウム 0.07%以上、リン 0.5%、カルシウム 0.6%から0.7%、ナトリウム 0.8%、 ph  7.5%、代謝エネルギー 330kcal

 

※VISIONS オリジナル キャットフード メンテナンスタイプ(仔猫〜成猫用)を参考にしています。

 

ヴィジョンズキャットフードは、粗タンパク質が30.0%以上という総合栄養食として理想的な成分バランスが確保できています。

 

ちなみに、粗タンパク質や粗脂肪といった「粗○○」と表示されている理由は、成分を計測する際に熱濃硫酸により酸化分解をしているため、アミノ酸やアミンといった窒素が定量されているためであり、窒素の量は微々たるもののため、「粗○○」として表示されています。

 

(*1)総合栄養食
総合栄養食とは、そのフードと水のみで、必要な栄養を摂取することができるフードです。

 

健康で幸せな毎日を送るための5つのこだわり

VISIONSオリジナルキャットフード
ヴィジョンズキャットフードは、食事を自分で選べない猫の食事をより良質なものにするために5つのこだわりを持っています。

 

新鮮な鯵を使用

ヴィジョンズキャットフードでは、血液をサラサラにしたり、毛艶を良くしたりする効果がある DHAやEPA が豊富に含まれた新鮮な鯵を原材料としています。

 

ペット栄養管理士が提案する栄養バランス

キャットフードは一般的に肉を使用して作られるのですが、ヴィジョンズキャットフードではペット栄養管理士がこだわり抜いた素材と製法を駆使して製造しているため、肉にも負けない豊富な栄養やタンパク質を確保しています。

 

人工添加物など不使用

ヴィジョンズキャットフードは、人工添加物や着色料、調味料や防腐剤、防カビ剤や酸化防止剤など一切使用していないため、安全性が高く、土に埋めるとバクテリアに分解され100%土に戻ります。

 

国内の工場で製造

ヴィジョンズキャットフードは、厳選された国産の新鮮な食材を新鮮なうちにキャットフードにするため、工場を市場の向かいに立て、その時期に獲れたばかりの魚を毎朝、市場から仕入れ、製造を行っています。

 

少量生産を行う

ヴィジョンズキャットフードでは、キャットフードの鮮度を保つため、大量生産せずに少量ずつ生産を行っているため、常に新鮮で安全なキャットフードを猫に与えることができます。

 

内容量はいつでも新鮮なキャットフードを食べられる200g 入り

ヴィジョンズキャットフードは無添加のため劣化が早いので、常に新鮮な状態でキャットフードが食べられるように1袋200g 入りで販売しています。

 

ちなみに、ヴィジョンズキャットフードは、単品(1袋)と5袋または10袋をセットにして販売しており、初めて利用する飼い主さんには1袋30g 入りを2種類セットにして販売もしています。

 

まとめ買いで割引付きの料金プラン

ヴィジョンズキャットフードは通常価格580円(税抜)ですが、購入方法によっては割引があるので、以下の表にてご紹介します。

 

1袋の場合 5袋セットの場合 10袋セットの場合
580円(税抜) 2,755円(税抜)
※1袋あたり551円 5,220円(税抜)
※1袋あたり522円

 

ヴィジョンズキャットフードを実際に使用した人たちの口コミまとめ

実際にヴィジョンズキャットフードを使用した人たちのリアルな口コミをまとめてみました。

 

ヴィジョンズキャットフードの良い口コミ

男性
まずはサンプルから
Visions で提供している2種類のキャットフードを300円で試せるとあって、興味本位で試してみることにしました。
他のサンプルに比べて喜んで食べている様子だったので、200g 入りを継続して購入することを決めました。

男性
魚好きであることに気づいた!
今まで肉がメインのキャットフードをあげていましたが、ヴィジョンズキャットフードのお試しセットを見つけて、初めて魚がメインのキャットフードをあげました。良い匂いがしたせいか、あっと言う間に食べてしまいました。

女性

 

ドライフード嫌いのうちの子が食べてくれた
子猫の頃からドライフードが嫌いで 、ウェットフードと一緒に食べていることが多かったのですが、 ヴィジョンズキャットフードは食べてくれました。
袋を開けた時に魚の良い匂いがしたので、 それが気に入ったのかもしれません。

 

女性
安全なキャットフードを探していました

 

食事には気をつけたいので、安心してあげられるキャットフードを探していたところ、ヴィジョンズキャットフードを見かけたので、まずはお試しセットを購入しました。嫌がらずに食べてくれているので、今後も継続して与えています。

 

女性
病後でも食べてくれました
愛猫が病気をして1ヶ月ほど入院をしましたところ、食が極端に細くなり、今までにないほど痩せてしまいました。
そんな時に出会ったのがヴィジョンズキャットフードです。
食べてくれたら良いなと言う気持ちであげたところ、少しずつ食べていたので続けてあげると、徐々に食欲が旺盛になり、元気になった今でも食べています。

 

男性
他のキャットフードローテーションしてあげています
ヴィジョンズキャットフードの他に、飼い猫が気に入っているキャットフードがあるので、そちらとローテーションしてあげています。同じキャットフードばかりをあげるのは良くないと聞いたので、お気に入りのキャットフードが増えて良かったです。

 

女性
小粒が嬉しい
うちの子は体重が3kg ほどと小さいので、大粒のキャットフードは吐き出してしまうことがあるので、ヴィジョンズキャットフードのように粒が小さいと食べやすそうです。

 

ヴィジョンズキャットフードの悪い口コミ

女性
ジッパーがついていない
パッケージがナイロンでできており、パッケージがついておらず、 保管が少し不便です 。
今までジッパー付きのキャットフードを使っていたので、このようなタイプもあることに驚きました。

 

男性
規定の分量が書かれていない
規定の分量が書かれていないので、キャットフードをどの程度をあげれば良いのか目星がつかず、最初は大変でした。
せめて目安が書かれていると良いです。

 

ヴィジョンズキャットフードを実際に試してみた!

開封時に香ばしい匂いがし、その匂いを嗅ぎつけ、飼い猫の中でも食いしん坊の子が真っ先にフードのチェックをしていました。

 

お皿に出してあげると、しばらく匂いを嗅いだ後、一口ずつゆっくりと食べていました。
この行動はおそらく、鯵がメインのキャットフードを食べたことがないので、初めて嗅ぐ匂いに様子を伺っていたのだと思います 。
そして、ヴィジョンズキャットフードの味がわかると、いつも食べているキャットフードと同じ様に食べ、完食をしていました。

 

毎食は飽きてしまうらしく食が落ちていましたが 、給餌量を飼い主が調整しながら与えることを目的として作られているので、1袋食べきるまで、フードを残すことはありませんでした 。

 

また、飼い猫が健康であることもあり、毛艶や便通など、体調の変化を確認することはできませんでした 。

 

ヴィジョンズキャットフードはこんなネコちゃんにおすすめ

ヴィジョンズキャットフードは2種類あり、それぞれ異なるタイプの猫におすすめしたいので、以下をご覧下さい。

 

VISIONS オリジナル キャットフード メンテナンスタイプ(子猫〜成猫用)

VISIONS オリジナル キャットフード メンテナンスタイプ(子猫〜成猫用)(以下、メンテナンスタイプと表記)は、新鮮な鯵を使用しているため良質なタンパク質と脂質を得るられるので、強い体づくりを行っている子猫や、日々の健康のメンテナンスが必要な成猫におすすめです。
また、活動量の多い子であれば代謝が高いので、高齢猫にもメンテナンスタイプはおすすめです。

 

visions オリジナル キャットフード ライトタイプ(太り気味・シニア・胃腸の弱い猫用)

visions オリジナル キャットフード ライトタイプ(太り気味・シニア・胃腸の弱い猫用)(以下、ライトタイプと表記)は、メンテナンスタイプと原材料は同じですが、タンパク質と脂質を控えめに製造しているため、代謝が落ちた高齢猫にも安心して与えることができます。
また、ライトタイプは脂質が抑えられているため、胃や腸への負担が軽減されるので、下痢をしやすい子や、胃腸の弱い子にもおすすめです。

 

また公式サイトには、体重が気になる子にもおすすめと書かれていますが、脂質を抑えると猫はイライラし、凶暴化することがあるのでメンテナンスタイプで給餌量を調整することをおすすめします。

ヴィジョンズキャットフードに関するよくある質問

匂いが強いけど香料などは使用していませんか?

ヴィジョンズキャットフードは、無添加ドライフードです。
フードの匂いを強く感じられるのは、低温製造により食材の栄養を壊さない製法を採用しているためです。

 

どうして給餌量が書かれていないの?

猫は自分で食べる量を調整できる子が多く、一度に食べられる量には個体差があり、給餌量を定めてしまうと残してしまう場合があるため、あえて給餌量は表示していません。
その子の体調や体型を観察しながら飼い主さんが給餌量を調整してあげて下さい。

 

餌はドライフードだけで栄養は十分に確保できますか?

総合栄養食のため、ヴィジョンズキャットフードと水だけを与えていても問題ありません。
しかし、ドライフードは熱を加えて製造を行うため酵素が不足しがちになるので、ヴィジョンズキャットフードに生肉を混ぜて酵素を補ってあげるとより良いです。

 

賞味期限が短いけど、問題はありませんか?

ヴィジョンズキャットフードには、保存料や防腐剤、防カビ剤が酸化防止剤といった添加物を一切使用していないため、賞味期限が6ヶ月(未開封の場合)と限られており、市販のキャットフードに比べて賞味期限が短いですが、より安全性の高いフードに仕上がっています。

 

保存方法を教えて下さい。

未開封時は、高温多湿と直射日光を避けて保管して下さい。
開封後は、冷蔵庫で保存し、できるだけ早く食べ切って下さい。

 

まとめ

ヴィジョンズキャットフードは、工場での作り置きはしていない上、1袋200g と小分けに包装されているので、いつでも新鮮なキャットフードを猫に食べさせることができます。

 

他の種類のキャットフードとローテーションをしながら飽きないようにあげると良いでしょう。

page top